ot000.png
表示 パソコン | スマートフォン

me025.gif

ot025.png

アクリルケースは飾りたいコレクションの大きさ&数量、飾りたい設置スペースに合わせて自由にサイズを指定することが可能です。指定項目はケースのサイズ3辺横幅×奥行×高さ】と板の厚みを含む全体のサイズ【外寸】と含まない内側のサイズ【内寸】の2つです。
ot052.png

製作可能なケースサイズは3辺合計(横幅+奥行+高さ)2300mmまでとなります。範囲内であればどんなサイズでも製作可能です。商品は1個1個職人による手作業での製作になりますが加工性に優れたアクリルケースはオーダーメイドでもお手頃価格でお求め頂けます。
ot050.png

飾りたいフィギュアやプラモデル等のコレクション品や店舗やイベントで展示する商品の大きさ&数量やディスプレイに合うケースがない、設置スペース合ったケースがない場合には自由にサイズの指定ができるオーダーメイドのアクリルケースをおすすめ致します。

ot027.png

アクリルケースの形態は3種類から選択頂けます。3形態それぞれに特長があり見た目の美しさやディスプレイ作業のしやすさ、扉の開閉のしやすさなど用途になった選択が可能となっております。【けんどん式】【スライド式】【箱型】の形態別による価格差はございません
ot059.png

形態別の違い①【開閉方法】・・・【けんどん式】と【スライド式】は前面に付いた扉を外したり引いたりすることで開閉し【箱型】は本体を持ち上げ底板と分離して開閉を行います。【けんどん式】:1枚扉、【箱型】:本体+底板、【スライド式】:2枚扉(引き違い)

oolog451.jpg
oolog452.jpg

oolog458.jpg
oolog459.jpg

oolog461.jpg
oolog460.jpg

形態別の違い②【見た目】・・・【箱型】は扉などのギミックがなくアクリルの高い透明度が最も活かされた形態で【けんどん式】は扉はありますが1枚扉なのでコレクションに殆ど干渉せずすっきりとしています。【スライド式】は構造上正面中央に扉の重なりが出来ます。

○けんどん式ケース【前面開放式】
ディスプレイ作業がしやすい1枚扉式のケースです。扉を外すことで前面を開放状態にすることが出来るのでケース内にアクセスしやすくコレクションの数が多い場合に非常に便利です。また拡張性が高く横幅と奥行が同じケースを重ね置いて使用することが可能です。
sssg01.jpg

sssg02.jpg

sssg03.jpg

けんどん式ケース仕様
前面開放式
扉仕様 1枚扉 アクリル1枚板左右下部に取っ手を接着したもの
扉保持 ケース前面上下のレールによって保持(長いほうが上、短い方が下)
取っ手 半円形(かまぼこ型) 5mm厚透明 横接着or縦接着 ※選択可
扉の開閉【開】 扉の下部両端の取っ手をつまみ上に引き上げてから手前に引き抜く
扉の開閉【閉】 扉を上部レールにはめ込んでから下部レールに落とし込む

○箱型ケース【上下分離式】
扉やレールなどがないシンプルな構造でコレクションを最も美しく魅せる形態です。ケースは本体(5面体)と底板に分かれており本体を被せる&本体を持ち上げることで開閉を行います。サイズが大きいと開閉が困難になりますがディスプレイには最も適しています。
oolog455.jpg

oolog456.jpg

oolog457.jpg

箱型ケース仕様
上下分離式
本体 直方体 or 立方体の本体(5面体)+底板
底板の種類 板2枚重ね 立ち上げ 丸棒式 鏡面台座
底板の構造 本体がずれないように段差及び丸棒加工
箱の開閉【開】 本体(5面体)を丸ごと持ち上げて底板と分離
箱の開閉【閉】 本体(5面体)を持って底板の上にのせる

○スライド式ケース【引き戸式】
引違いの2枚扉式のケースです。2枚の扉のどちらかをスライドさせることで扉を外すことなく開閉することが可能です。ケース内へのアクセス頻度が高い商品展示などに向いております。構造上ケース正面に扉の重なりが出来ます。※2枚の扉を取り払うことも可能です。
slma01.jpg

slma02.jpg

slma04.jpg

スライド式ケース仕様
引き戸式
扉仕様 2枚扉 アクリル1枚板の左右端中央に角棒を接着したもの
扉保持 ケース前面上下の3本レールによって保持
取っ手 角棒3mm厚 長さ60mm
扉の開閉 【開】 扉の取っ手に手をかけ左右どちらかに引く
扉の開閉 【閉】 扉の取っ手に手をかけ左右どちらかに引く

○オプションスタンド【展示補助台座】
コレクション/商品を立体的に飾るためのアクリル補助スタンドです。アクリルケースと組み合わせる事でディスプレイの幅を広げるだけでなく空間を効率的に活用することが可能です。スタンドは【コの字型】【多脚型】【箱型】の3つの形態があります。
oolog589.jpg

oolog601.jpg

oolog591.jpg

オプションスタンド仕様
展示補助台座
コの字型 3枚の板をコの字に接着したシンプルな構造(サイズ制限あり)
多脚型 1枚板に複数の脚(板)を接着した構造(サイズにより脚の数変動)
箱型 立方体or直方体の5面体構造(最も強度が高い)
価格 ケースと同時に購入すると割引適用

ot026.png

板の厚みは2mm、3mm、5mmの3種類から選択が可能です。厚いほど強度が増し重厚な作りになります。※強度確保のため厚い板しか選択できない場合もございます。
ot092.png

ot030.png

背面や底面を鏡面(ミラー)にすることも可能です。展示するコレクションのイメージに合わせたり背面底面を透けさせない様にホワイトブラックを使用することも可能です。
ot134.png

ot067.png

ot068.png

ot069.png

ot070.png

ot071.png

ot072.png

色板の価格は【ブラック】が最も安価で次に【ホワイト】最も高価なのは【ミラー】となります。ミラーは単独で接着が出来ないのでホワイトの板と貼り合わせて使用します。

ot031.png
アクリルケースはLEDライト等用に配線孔(穴あけ)加工が可能です。穴の大きさや位置&数を自由にご指定可能です。※穴の大きさは直径3mm~50mmまでとなっております。
ot133.png
ot101.png

配線孔の位置指定はケース端から穴の端までの距離でのご指定とケース端から穴の中心までの距離のご指定の2種類が可能です。※下記図参照。

me144.gif
配線孔の位置指定方法1.
ケース端から穴の端までの距離

me145.gif
配線孔の位置指定方法2.
ケース端から穴の中心までの距離

ot080.png

下記のフォームに必要事項を記載してお送り頂ければ12時間以内にお見積を算出致します。項目ごとの詳細は下記をクリック↓
※お見積り無料&年中無休受付  ⇒価格表

me005.gif
oolog193.jpg
oolog194.jpg
oolog196.jpg
oolog195.jpg
oolog198.jpg
oolog197.jpg
oolog199.jpg

oolog580.jpg
oolog581.jpg
oolog582.jpg
me195.gif
ot112.png

me238.gif

oolog333.jpg

ot126.png
oolog207.jpg
oolog208.jpg

ot001.png

ot002.png

ot003.png

ot005.png

ot007.png

ot009.png

ot008.png

ot013.png

ot010.png

ot011.png

ot006.png

ot014.png

ot012.png